天然木について

使用木材について

hecta designでは、堅木(広葉樹)主にオーク材、タモ材を使用しております。

  • オーク材

オークはブナ科の広葉樹のことです。日本でナラ材と言われていますが、オーク材はナラ材に比べると木目が荒く、色は白色のホワイトオークと赤味のあるレッドオークなどがあります。
古くから家具や船舶にも使用されとても耐久性の優れた木材です。

  • タモ材

タモはモクセイ科の広葉樹で中国やロシア原産が多く木目がはっきりとしているのが特徴で、堅く折れにくいのでバットなどスポーツ用品によく使用されます。
経年変化は少ないですが、時間が経つと色味が少し濃くなっていきます。

天然木について

hecta designの商品は天然木を使用しております。
工業製品とは違い均一にすることは出来ません。そのため、天然木材特有の個体差があり部位によって色や木目の風合いが違う場合があります。あらかじめご了承ください。

幹の中に枝の根元が取り込まれた部分が節となります。抜けて取れてしまう場合は死節といい、死節の材料が混入し無いよう検査しています。

色違い

同じ種類の材料でも色が違う場合があります。また、心材と呼ばれる中心部で赤味の強い部分と、辺材と呼ばれる外側の白い部分があり、その境界部が材料となる場合があります。

虎斑(トラフ)

木目とは別の光沢のある縞模様が入る場合があります。これを虎斑(トラフ)といい広葉樹に多くみられます。
やシルバーグレインと言われ、古くから高級材の証とされています。強度に影響はありません。

継ぎ目

一部商品には、はぎ材(板を貼り合わせた物)を使用しており全てフレームに継ぎ目が
あります。そのため、はぎ合わせた木材の色の違いが出ます。
はぎ材使用の目的
・木材の強度、品質の均一化を図るため。

木目の雰囲気や色味を出来る限り揃えて出荷しておりますが、商品の都合上、お選びすることが出来ません。
一つ一つ違う表情を見せる、天然木の味わいを楽しんで頂けましたら幸いです。

 

 

 

PAGE TOP